一般社団法人 日本Integrative Rehabilitation協会

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】 

高齢者を包括的に理解する為に!

高齢者の潜在能力セミナー

高齢者の潜在能力シリーズをすべて受講された方は、IAIR認定のディプロマを交付いたします。

【高齢者の潜在能力を引き出す為の足部アプローチ】

 足部は、二足歩行で歩く人間にとって、唯一地面に触れ、全身を支えている場所、いわば骨盤同様、土台ともいうべき重要な部位です。

 

高齢者では、ある特徴的な足部の形状をきたしやすく、それに伴う上行性の運動連鎖によって、体幹や上肢といった上半身への影響がでます。この特徴を理解し、アプローチすることで、潜在能力を最大限引き出し、生活上の滑動能力向上へと繋げることが出来ます。


 そして、見逃してはいけないのが『靴』です。靴を履くことが必須の現代社会において、靴は「足元」を構成し、全身に影響を持つ重要な環境因子となります。

 足部機能ももちろん重要ですが、その人が普段からどのような靴を履いているのか?適正なサイズのものなのか?履き方はあっているのか?このような点を診て、ちょっとしたアドバイスが出来るかどうかが治療・予防、両方の観点から重要であり、まさに統合医療と呼べるべきものではないでしょうか。

 

 「健康は足元から」というように、足元のトラブルは歩行機会を制限し、行動範囲を狭め、活動量を低下させる事で万病のもととなります。足部機能だけでなく、靴や靴下といった環境を含めた幅広い視点で一人一人を見ていく事が大切であり、こちらのセミナーではこのような足部全般に関する内容をお伝えします。

[プログラム]

・足部の機能解剖  ・足部の触診  ・足部からの運動連鎖  

・足部調節テクニック ・環境因子(靴)について ・etc

[講師紹介]

松井 博紀(まつい ひろのり)

職種:理学療法士 株式会社Bambroot代表取締役

出身校:帝京平成大学

誕生日:1984年11月11日

平成19年より理学療法士として静岡県内の回復期リハビリテーション病院に勤務。整形外科クリニック勤務を経て、株式会社Bambrootを設立。20分という短い時間の中で結果を出す事の難しさを痛感し、様々な研修に通う日々を過ごす中、IAIRに出会い、治療技術・知識はもちろん、自分の体の使い方の重要性やセラピストとしてのあり方等、多くのことを学ぶ。 より多くの患者様の笑顔の為に、日々自己研鑽している。装具やフットケア、インソールなど足部系のテクニックを得意としている。

[お申し込みはコチラ]

12月5日 https://business.form-mailer.jp/fms/4574c91147655

6月26日 https://business.form-mailer.jp/fms/c086b91249430

【高齢者の潜在能力を引き出す為の体幹アプローチ】

普段高齢者の機能訓練を行って良くなる人・ならない人っていませんか?

 

一時的には良くなるけどすぐに元に戻ってしまう・・・、長期的にみると悪くなっている・・・

 

考えても分からず、最悪の場合「あの人は活動性が少ないから」とか「元々の疾患のせい」とかあきらめていませんか?

 

良くなりにくい高齢者の体幹には、ある傾向があります。

 

この傾向を改善させず筋力訓練や可動域訓練を行ったとしても効果は出にくく、むしろ悪化させる原因にもなります。

 

IAIRでは、身体を家に例え、骨盤は身体を構築する土台、脊柱は大黒柱と捉えています。 

 

土台や大黒柱が歪めば、全身が影響を受けます。

 

つまり、骨盤・脊柱の治療を行わず運動療法を行うことは、土台や柱が歪んでいるのに、そこを修理せず外壁や窓枠を修理するようなものなのです。

 

高齢者は構造的変化や基礎疾患等により、治療体位が限られ、また運動療法においても負荷量が制限されます。

 

こちらのセミナーでは、高齢者でも治療をしやすい方法で、運動療法の効果を向上させるようなアプローチを実技中心で確実

に習得出来るようにお手伝いさせて頂きます。

[プログラム]

・高齢者の体幹の特徴  ・仙腸関節の運動学  ・体幹・骨盤運動連鎖

・骨盤調整テクニック  ・脊柱の調整  ・胸郭の調整  ・大腰筋テクニック 

[講師紹介]

森下 貴史(もりした たかし)

職種:理学療法士 IAIR静岡代表

出身校:静岡県周智郡春野町(現浜松市)常葉学園医療専門学校5期生

誕生日:1982年2月7日

平成16年より療養型の病院に勤務。呼吸リハを中心に循環器系の知識を深める。老健に勤務したころから、生活期のセラピストこそ確かな技術が必要と感じ、また上司の影響もあり、「即時効果を出す」ことにこだわり、各種徒手療法の勉強会に参加。ある程度の即時効果は出せるようになるも、慢性疼痛や自己治癒力の低い患者様に対して効果が出せないことに悩みIAIRのセミナーに参加する。セミナーに参加し、技術や治療者のコンディショニング、人体の奥深さ等学び、効果の出せる患者様の幅が広がった。現在は管理者として勤務。生活期でのリハビリテーションの可能性を追求している。IAIRではパーフェクトコアセミナー担当。

[お申し込みはコチラ]

12月6日 https://business.form-mailer.jp/fms/4574c91147655

5月 7日 https://business.form-mailer.jp/fms/aad2d54549428

    

    [ 講 習 会 詳 細 ]

 

受講料 : 各9,900円(税別) 返金保証付

 

対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

 

開催日時:H27年12月5日 9:00~16:00【足部アプローチ】

     H27年12月6日 9:00~16:00【体幹アプローチ】

     H28年3月12日 9:00~16:00【呼吸アプローチ】

       H28年3月13日 9:00~16:00【上肢アプローチ】

     H28年4月23日 9:00~16:00【心理学的アプローチ】

               H28年4月24日 9:00~16:00【総集編】


会 場 :名古屋市内で調整中

     ※12月5,6はスタジオフィックスにて開催いたします。


定 員 :30名

 

 

受講して頂いた方はIAIRのシルバーメンバーに認定させて頂きます。シルバーメンバー登録して頂くとBASICⅠ、Ⅱのセミナーがシルバーメンバー価格にて受講できます。またIAIRメルマガも配信されます。

 

返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。

     講義後に事務局までご連絡下さい。

 

    

  


[よくある質問]

、基礎が出来ていなくても大丈夫?
,結果を出せる考え方、結果が出せる解剖の勉強の仕方、結果が出せる患者さんとの接し方等、セラピーの根本原則から教えています。

 

,評価さえ出来ていないのに大丈夫?
,正確な評価とは「問題の分析」→「問題点の抽出」→「治療による問題点の検証」
この3工程が必要になります。つまり「治療」が出来なければ「検証作業」が出来ないので正確な評価は不可能になります。だから「結果を出す事」から学ぶのです。そして、患者様は絶対的に「結果」を求めています。

 

、自費の技術を学ぶ前にリハビリの方をしっかり学ぶべきなのでは?
、「自費の施術」「リハビリ」と分けてはいますが、実際にはどちらも同じ人の身体に対して施す事なので大きな違いなどありません。あるのは「自費現場の技術は大きな結果が出せる」という事実だけです。

 

、難しいのでは?
、IAIRの講義は「結果を出すこと」「受講者の方が習得出来ること」だけに焦点を当てている為、非常にシンプルで習得率の高い内容となっています。多く受講生は学び初めて1~2年で「出来る先生」と患者様に認知されるようになっています。

 

  「IAIRは結果が出せるセラピストを育てる専門家集団、我々は教えるプロです」

 ベーシック3まで終了して、「周りのセラピストよりも明らかに自分は出来る!」と実感されなかった場合は、そう実感されるまで会長、アドバンスイ ンストラクターが個別アドバイスでフォローアップ致します。もちろん、実感できるまで何度でも対応させて頂きます。これが我々の”責任“です。


IAIR受講者の声ページ

これまでIAIRで成長された方感想がご覧になれます。